YOGA

ヨーガとはいろいろな解釈がありますが、体を使ったものや、ライフスタイルとしてのヨーガでは少し意味が違ってきます。

 

身体を対象としたものをハタ・ヨーガといいます。

ハタ・ヨーガとはハが太陽、タが月というように全てには対極である陰陽のバランスを意味します。

そしてハタとは、力強いという意味でもあるので、力強いヨーガとも捉えられます。

ハタ・ヨーガは身体のエネルギーをコントロールしていき、相反するエネルギーを合わせるとも言われていますが、いろいろな説明があり、混乱しているのも確かです。

 

そして、身体と心、マインドをコントロールとか繋げるとか言われていますが、そのコントロールとは簡単なものではありませんし、体や呼吸はコントロールできたから、マインドもコントロールできるとは限りません。その辺りがいつも混乱してるのは、当たり前かもしれません。

ですので、どれも体を使ったものは、その人に合うもので良いのではないでしょうか、、、

 

ですので、体は体として見ていき、自分の体だけれども、その体を客観的に見ていくには、良い練習です。行いですので、必ず結果はあります。

結果として、忍耐力だったり、体が強化されたり、柔軟性が高まることで健康とは繋がります。

結果ですから。

 

そのことを踏まえて、ヤンララヨーガでは、まず呼吸をコントロールしながらポーズを取っていきます。

そうすることで精神面がまず落ち着きます。落ち着くことで体を動かすことへの集中力は高まり、体というものを丁寧に扱う意味ではとても良いです。

 

そして、感情のまま、やりやすい所を一生懸命動こうとするやり方から、感情は感情として、認めてあげて、自分の体の左右の違いだったり、やりやすい方ばかりをする自分に気付いていけるきっかけとなります。それが客観的にみる練習です。体は体として。

その練習はこれからの普段の生活上での役割というものを客観的に見れる準備となり、今度はマインドを客観的に見る練習に役立ちます。

それは、役割と自分自身とは違うことに気付いていくことでもあるので、考えを整理整頓していく準備です。

  

体は体ですから、体を使ったヨーガではしっかりと骨格や使い方などを丁寧にみていき、ケガをしないでずっと健康的な体を少しでも維持していけるよう目指しています。

 

そして、考え、マインドはというと、普段の生活の中で体や考えは常に外側にある幸せを求めてしまいます。そこに満足を得られると思っているから、、、

でも何を求めても満たされない思いは常にあって、繰り返し繰り返し求めても満足しないということにも気付いてきているはず。

 

体を使ったヨーガによって、何かしらスッキリしたものを味わい、いろんな役割から離れて

自分自身にリラックスできてることへの気付きの練習。

自分とは何?という疑問が起きたら、ヨーガの始まり。

その自分自身の探求から、今までの外に求めていたものでは解決しないことに気付きます。

 

リラックスとは何か・・・外に求めてたことから、今度は自分自身にむけることの変化がおきます。

そして、人が追い求めるゴール、自分とは何か教えているのがヴェーダーンタ(ウパニシャッド)です。

 

まずは、生きた宇宙、その法則がダルマであり、あるがままのものです。そのダルマのもと、私達は生かされているという理解。

 

今までは考えや体が自分と思っていたけど、すべてダルマの法則によって肉体をもって現れただけで

常に変化していくものです。それを知ることで本来するべき事(役割)やするべきでない事がはっきりしていきます。完全には難しくても、少しずつ行いを変えることは出来ます。

人間だけに与えられたもの、それは行いには選択の自由があり何を選択するかは自分です。

そして、行いには必ず結果はあります。

ですので、何を選択しようが自由ですが、悪いことは悪い結果となるのは当然で、良いこともまた同じように自分にとって心地良いものが、返って来ます。当たり前ですよね。

 

自分にとって必要な事、そうでない事の識別がおこり、これがないとダメとかの執着は、理解することで、今まで価値観が変化し、結果としてその執着が無くなるので、無理矢理何かを手放すことではないです。自分の価値構造が変化しただけのこと。情緒的成長によりシンプルになっていくということ。

無理やりではなく、自然に手放されます。

 

そして、ヨーガという教えは独学で学ぶものではありません。

なぜなら今までの自分の都合の良い解釈でしか理解が出来ないからです。それはとても危険なものです。

しっかりと昔から変わらず伝統的な方法論で学ばれた先生(グル)のもとで学ぶことが重要です。

その方法論で教えてくださる先生達と、それを学びたい思う生徒達が、存分学べるような施設として行ける環境をヤンララヨーガスタジオは目指しています。

 

健全な考え、健全なカラダ、リラックスとは何なのかを知ることで、自分で自身自身の情緒的成長を楽しみ、与えられた役割をしっかりとこなすことが大切と理解できます。

自分とは何かを探求する勉強、そして、ダルマな生き方、それぞれのライフスタイルを輝かせませんか?

プロフィール ヨガインストラクター

Akemi

 長年、ヘアメークという仕事で、女性誌(LEE、MOREetc...)広告や女優さん、タレントさんなどの撮影のヘアーメイクをしていた時、モデルさんの誘いでヨーガを始める。

そもそもヨーガには興味がなく、スポーツジムで体を動かす程度でした。誘われて近くのヨーガスタジオに行き、体の柔軟性はあまり関係がないと思えたら、ヨーガが楽しくなり、毎日通い始める。3か月過ぎた頃に自分の身体の柔軟性や強さの変化に気づき、心地よさとは自分のことと思える。

両親の体調をきっかけに石川県に戻る事を決意。自身のセルフプラクティスの為にTTCを受け、

2009年より完全に拠点を石川県に移し、いつのまにかインストラクターも始める。

同年7月よりyanglalah(ヤンララ)を開設し、同年11月に現在のヤンララヨーガスタジオ@Komatsuとしての場所を設け、2016年12月@Kanazawaもオープン

 

・2009年 ヨガ・アーツ(ルイーザ・シアー主宰)全米ヨガアライアンス ティーチャー・トレーニン 

 グプログラム500修了。ヨガアライアンス認定講師E-RYT500

・SivanandaYoga(シヴァナンダヨーガ) TTC200時間修了

・Sarah Powers(サラ パワーズ)Yin Yoga(陰ヨガ)ティーチャー・トレーニング修了

・Ana Davis(アナ デイビス)マタニティーヨガ ティーチャー・トレーニング修了

・スダルシャンクリア呼吸法 パート1修了

・Frank Mauro(フランク マウロ)How to Teach Beginners修了

・3A's(中村尚人、しんのすけ)指導者のためのアーサナ・アナトミカルアプローチ養成コース

 レベル1,2修了

・Swami Cetanananda(スワミ チェーターナーナンダジ)、Medha Chaitanya ji(みちか先生) Muktih ji(ムクティ先生)との出会いにより、ヨーガの目的や本質が、今までの解釈とは違うと気付き、そのヨーガというライフスタイルの探求として、素晴らしい先生達からヴェーダーンタ、サンスクリット語などの学びを継続。

好きな言葉:

自分は自分で丁度いい。良くも悪くもない。

RINA

留学の経験を活かし、国際物流の会社員として仕事をしている時にヨガと出会い、東京、大阪のヨガスタジオ、株式会社ぜんにて会社員として働きながら2011年よりヨーガ指導を始める。

2016年12月に石川県に戻り、3月より語学の指導を始めながら、ヨーガの探求を続ける。

 

・ヨガワークスT.T RYT200 L.Aにて修了

・ヨガワークスT.T RYT200大阪にて修了

・レスリー・カミノフによるヨガ解剖学集中講  

 座修了

・レスリー・ハワードによる女性の為のヨガ修了

・マティ・エズラティ(ヨガワークス創始者)による20時間集中講座修了

クラスやお休みなどのお知らせ

クラス変更のお知らせ

@Komatsuスタジオ

金曜17:00⇒17:30スタート

***********************

@Kanazawa、@Komatsu

スタジオの時間お休みなどは

スケジュールにて

ご確認ください。

スケジュールはこちら 

***********************

初めてのヴェーダーンタ勉強会

次回の「いーしゅわらーやなまは」

勉強会&チャンティング第6回

@Kanazawa

2/3日(土)

13:30~15:30

@Komatsu

2/4(日)

13:30~15:30

最後の30分は、ハピネスを祈るスヴァスティ・パータや食事の前のチャンティング、一定期間唱えることで、願いがかなうと言われているガネーシャ・ストートラムにも挑戦していきたいなと考えています。チャンティングに慣れていけることで、祈りの行いであること、そして、意味も深まるような考えの準備もできるでしょう。

少しづつですが、ヨーガの意味を

理解し、きれいな考えにしていく道具として、この勉強会に参加しませんか?

くつろげるとは、すでにあるものであるがままのことをあるがままに見るということを知るだけです。

その知識以外にゴールはありません。

誰もが知る権利があり、そのゴールを教えているのがヴェーダーンタです。

ヤンララ@Kanazawa studio

ヤンララ@Komatsu studio

ヨーガを続けていると、

カラダや考えに何かしらの変化が

起きてきます。 

呼吸をコントロールしながら

ポーズをとると、

まず内面、考えが落ち着きます。

考えが落ち着くことで

カラダとのバランスがとれていき、安定してきます。

そして、自分自身にくつろいでいるリラックスしていることの気付きとなります。

その気付きが、今までの考えや見方にも変化がおきてきます。

そこから、いろいろな識別や

見極めが始まり

自分とは何か?ヨーガって何?を

知りたいという願望がおこったら

ヨーガのはじまり。

何も不安のない考えからの自由。

自身がすで持っているものを知ることで自身の中で解決します。

まず、体を動かして、何かしら

自分自身にリラックスできている

ことに気付いていきませんか?

いろんな役割から離れた

基本の自分に留まる時間を少しもっていきませんか?

そして、基本の自分と

いろんな役割の自分との間に

スペース、ゆとりが持てることで

それぞれの役割

仕事や結婚や子育てが輝き、

楽しめます。

そして、これからのライフスタイルにヨーガを取り入れて

それぞれの役割を行いながら

ヨーガに変えてみませんか?

  yanglalah(ヤンララ)とは

バリ語で虹という意味です

Medha Michika 先生のブログ

Muktih 先生のホームページ