ヨーガって何?     8/26,27/2017                         瞑想の意味を知ろう         9/2.3/2017 終了しました。

スワミ・チェータナーナンダ・サラスヴァティ先生による、そもそもヨーガとは何なのか?瞑想とは何なのか?その意味や、なぜヨーガや瞑想が大切かを知るワークショップ。

 

目覚めている時の私はこの世界と関わります。そして、関わりがある限りストレスというのは避けようがないです。

ヨーガによってかなう「ストレスから自由な生き方」はストレスの無い生き方という意味ではありません。この短い文字から、自分の今までの解釈で見ると、ストレスが無くなるという解釈にとられがちですが、この文字の背景にある意味はそうではありません。都合の良い解釈には気を付けなくてはいけないです。

誰もがストレスの無い生き方はできません。でも、人は関わりの世界の中で情緒的な成長があることで、その犠牲者になることから、自分自身を守りストレスから自由な人生をおくる能力を誰もが持っていることを知らなければなりません。そこのヨーガの教えがあります。

 

そのヨーガな生き方とそのゴールを教えているのがヴェーダーンタであり、ただ単に知識、知る事です。

そして、知る事と瞑想はつながっていて、瞑想とは想うこと。ヴェーダーンタの教えに耳を傾けたなら、それを今度は想い出していくこと。知らない事は想えないです。

 

自分とは?そのゴールを知るのがヴェーダーンタで、知識の最後の部分という意味で、知識によって、つまり、知ることによってかなうゴールを教えています。

 

体や呼吸を使ってスッキリした体験から、少しずつ何かしら、自分が穏やかでいることに気付き始め、いろんな役割とか、常に外に何かを求めても求めても満足できない自分や、いつも自分に自信がないとかの自分・・・そして、物足りなさが何なのかもわからない・・・だから、常に物理的な何かを求めていく・・・その自分とは何?を解消させてくれるのが、ヴェーダーンタの教える知識。

 

知ること以外に自分自身こそが、すでにくつろいでいる人とは気付けないし、知られないです。先生の言葉とヴェーダーンタの教えがその勘違いな考えを再構築していきます。物や癒し的な体験、スピリチュアルな感覚器官で何かを感じるとか、とらえるとかのフワフワしたものではなく、言葉よって、純粋に知ること。

 

体を使ったヨーガの練習は、役割から離れた自分自身に気付ける体験ですので、とても大切ですが、それと同時に、今までの感覚器官でしか捉えられない価値の考えではどうしても、くつろげません。

今までの自分の考え方、見方の価値構造を変化させていくには、知識の道具でもある、昔から変わらずあるもの(聖典)と、それを丁寧に言葉という道具で教える先生、グルの言葉が必要です。独学や自分なりの解釈で理解するものでは、その言葉の意味が、実は何を言っているのかの理解を勘違いや誤解をしがちです。そして、都合のよい解釈になったり、訓練や鍛錬ということが強調されたりします。

 

自身が、すでにくつろいでる人、アーナンダ、満ちてるもの、喜びであるということを、自分に知られていくことであり、そこにはヨーガというものの理解が大切となります。

 

少しずつ、自身に知られることで、どんどん自分自身がくつろげているということが理解できていけるからこそ、自然に思いやりや優しさ、丁寧さが現れます。

それぞれの役割のしなくてはならないことが、自分の感情や気分に惑わされていることに気付くこと、そして、それは外側の部分であり、内側の自分は何もその影響にさらされていないということが、少しずつ理解でき、気付いていけることで、それぞれのいろんな感情、悲しいや怒り、嫉妬などの体験をさせてもらえるということです。こんな感情があるんだぁという体験。

その価値構造が変化していくには、静かにめを閉じて坐り想う事で、内側と外側にスペース、ゆとりをつくります。そのスペースは大切で、そこには瞑想が必要です。

そして、瞑想ができる状態になる準備としてマインドフルネスの練習は大切ですが、リラックスを体験できるということです。リラックスはすでに自身にあるものです。

 

今回は瞑想とはどういう意味があり、何が大切なのかを知る事で、瞑想が身近に実践できるようになるのではと思います。

 

そんな瞑想のお話をバガヴァットギーターなどのヨーガの生き方とそのゴールを教える聖典から瞑想という意味を2日間という時間で学んでみましょう。

 

県外の方のご参加もできますようヨガキャンプとして、宿泊のご相談も受け付けますので、お気軽にお問合せ下さい。

ओम् शान्तिः शान्तिः शान्तिः  

「ヨーガって何?」「瞑想の意味」

 

講師:  スワミ・チェータナーナンダ・サラスヴァティジ
日時:  017年 8月26・27 日(土日):ヨーガとは何?
           9月2・3日(土日):瞑想とは何か

 

     10:00~11:30   クラス① 

     11:50~13:20 クラス②

     13:20~14:20 ランチタイム(ビクシャー、無償提供としてヤンララでご用意します)

     14:20~15:50 クラス③

     16:10~17:10 サットサンガ(質疑応答)養成講座以外の方は自由参加 

     

     *ビクシャーとは食事の無償提供で、インドでは知識を教え継ぐことに最高の価値としてい   

     ることから、それを学びたいと誰もが学べる機会が与えられるようにと、勉強できる施設や

     食事は寄付で支えられています。そして、最も尊い行い「ダーナン」与えるという行いは人

     を成長させ、豊にさせるものと言われています。そして、そのビクシャーはどなたでもでき  

     るチャンスはあります。

     ビクシャーを寄付される方は、お申し付けください。

     

     *2日間の参加がどうしても難しい方は1日のみの参加でも可能ですが、日曜日だけの参加   

     という方は途中からになりますので、1日だけのご参加の場合は土曜の参加となります。

     できるだけ2日間のご参加をお願いいたします。

     

     *遠方からや県外からでのご参加を検討されてる方は、宿泊も可能ですので、ご相談くださ   

     い。 

 

会場:  @Kanazawa ヤンララスタジオ 石川県金沢市玉鉾2-397 

     TEL:076-209-6197(電話に出られないことが多いですので、ホームページからのお問合  

     せ、お申込みをお願いいたします) 

 

参加費: 基本運営費(会場費)+ダクシナ(先生に対してのお礼)

               ダクシナを封筒に入れて最後に、先生にお渡しください。

     基本運営費はスタジオにお支払ください。 1日/\1500となります。

 

 「ダクシナ」とは、ヴェーダ、ヴェーダーンタの知識と教えの伝統に対して、尊敬と感謝の心を育て、それを表現する方法です。伝統の教えの中に、自分が見いだせた価値観を、表現する方法とも言えます。このダクシナという方法により、ヴェーダ、ヴェーダーンタの教えの伝統に対する、先生と生徒のあるべき正しい姿勢は守られてきました。プージャスワミジをはじめ、伝統の教えを受け継ぐ先生方は、このダクシナという伝統的な方法を大切に守っていらっしゃいます。

Swami Cetanananda Sarasvati

(スワミ チェータナーナンダ サラスヴァティ)

 

 

 

 

 

 

 

 

1999年10月、インドへ留学し、リシケシにてヨーガを学ぶ。
2000年6月、リシケシにて、恩師、プージャ スワミ ダヤーナンダ サラスワティと出会い、ヴェーダ  

      ーンタと、インドの伝統的な生活様式を学びはじめる。
2002年5月、インドのコインバトール、Arsha Vidha Gurukulam (ヴェーダーンタの学校)にて開催 

      された3年と3ヶ月の長期のコースにて、プージャ スワミ ダヤーナンダジから、ヴェー 

                  ダーンタ(ウパニシャド)、サンスクリット語、そのチャンティングを学び、2005年7

                  月に卒業。
2007年1月、プージャ スワミ ダヤーナンダジからパラヴィッデャー ケンドラムという名前をいただ

                 き、日本でのセンターがスタート。
2009年4月、東京ヴェーダーンタキャンプに、プージャ スワミ ダヤーナンダジを迎えて日本に伝統の 

                  ヴェーダーンタを紹介。
2010年4月、広島&東京ヴェーダーンタキャンプを開催し、再びプージャ スワミ ダヤーナンダジを迎

                 える。
2013年3月、プージャ スワミ ダヤーナンダジより、サンニャーサーを受ける。

@Kanazawa 石川県金沢市玉鉾2-397-2F

お申込み

メモ: * は入力必須項目です

*メールアドレスの記入間違いで返信エラーとなる場合がございます。メールアドレスのご確認をお願いいたします。

こちらからの返信メールが届かない場合は、お手数ですが、再度ご連絡をお願いいたします

クラスのお知らせ

@Kanazawa、@Komatsu

スタジオの時間などは

スケジュールにて

ご確認いただけます。 

*************************

初めてのヴェーダーンタ勉強会

次回の「いーしゅわらーやなまは」

勉強会&チャンティング第6回

11/18日(土)

@Kanazawa

11/19(日)

@Komatsu

13:30~15:30

最後の30分は、ハピネスを祈るスヴァスティ・パータや食事の前のチャンティング、一定期間唱えることで、願いがかなうと言われているガネーシャ・ストートラムにも挑戦していきたいなと考えています。チャンティングに慣れていけることで、祈りの行いであること、そして、意味も深まるような考えの準備もできるでしょう。

少しづつですが、ヨーガの意味を

理解し、きれいな考えにしていく道具として、この勉強会に参加しませんか?

くつろげるとは、すでにあるものであるがままのことをあるがままに見るということを知るだけです。

その知識以外にゴールはありません。

誰もが知る権利があり、そのゴールを教えているのがヴェーダーンタです。

お休みのお知らせ

Akemiクラス

11/25~12/8日

12/29~1/3日

Rinaクラス

11/26,27日

Maiクラス

 

ヤンララ@Kanazawa studio

ヤンララ@Komatsu studio

ヨーガを続けていると、

カラダや考えに何かしらの変化が

起きてきます。 

呼吸をコントロールしながら

ポーズをとると、

まず内面、考えが落ち着きます。

考えが落ち着くことで

カラダとのバランスがとれていき、安定してきます。

そして、自分自身にくつろいでいるリラックスしていることの気付きとなります。

その気付きが、今までの考えや見方にも変化がおきてきます。

そこから、いろいろな識別や

見極めが始まり

自分とは何か?ヨーガって何?を

知りたいという願望がおこったら

ヨーガのはじまり。

何も不安のない考えからの自由。

自身がすで持っているものを知ることで自身の中で解決します。

まず、体を動かして、何かしら

自分自身にリラックスできている

ことに気付いていきませんか?

いろんな役割から離れた

基本の自分に留まる時間を少しもっていきませんか?

そして、基本の自分と

いろんな役割の自分との間に

スペース、ゆとりが持てることで

それぞれの役割

仕事や結婚や子育てが輝き、

楽しめます。

そして、これからのライフスタイルにヨーガを取り入れて

それぞれの役割を行いながら

ヨーガに変えてみませんか?

  yanglalah(ヤンララ)とは

バリ語で虹という意味です

Medha Michika 先生のブログ

Muktih 先生のホームページ