はじめてのヴェーダーンタ勉強会 &チャンティング      ईश्वराय नमः

初めてのヴェーダーンタ勉強会  ईश्वराय नमः

 

「いーしゅわらーや なまは」は、はじめてヴェーダーンタを勉強する人の本で、自分とは、何なのか?を紹介していています。

 

この「いーしゅわらーや なまは」は自分の本質を知るうえで必要な

ブラフマンやマーヤなど、基本の170のサンスクリット語を、伝統的な例え話を使って、解説しています。

 

個人の解釈はそれぞれ違うので、今までの感覚器官での捉え方、自分の解釈での捉え方となり、本来あるべき本質から離れて勘違いの自分にとっての都合の良い解釈をしてしまう可能性があるので、独学で読むとかは避けた方が良いと言われています。

 

ヴェーダーンタのを学ばれた先生達はそのようにして、伝統的な方法論で教わり、それを今世にも同じように伝統的な教えを守り、私達に教えてくださっています。

 

ヨーガという意味も、いろいろな解釈や説明もあり、ポーズをとるヨガとヴェーダーンタが教えるヨーガがごちゃごちゃにになって、無理矢理、繋げよう繋げようとして混乱しているように思います。

 

ヨーガはライフスタイル、どのような態度で日々のその人にとってのするべき事をするかということであって、行いを通して、精神的な成長を育てていけるものですので、体を使ったヨガとは別と捉えないと混乱していきます。

 

身体を扱ったヨガも、内臓が活性化されたり、身体がスッキリしたり、強さや柔軟性、そして忍耐力など養われていけるので、身体にとっての恩恵は沢山あります。

ただ、集中力や感覚器官のコントロール、そして座ることもできるようになり、目を閉じることも出来るようになりますが、感情が起こる場所や揺れ動く考えが常に落ち着いていれるかというと、その練習している場所を離れたらいつもの感情、気分に戻ります。

 

その落ち着いていられることは、単に自分とは何か?人が求めるものは何なのか?ということを知識によって知らないと、どんなに鍛錬しても、自分も気付かないうちに違う執着となってしまいます。

 

その自分の感情や考えはどのようにしたらコントロールでき、成長していけるのでしょうか、、、

 

それは知識によってと言われています。

それを知るにも、まず座るといことが必要になりますし、聞く準備が必要となります。

 

そこには行いを通して情緒的成長があります。

そして、行いには選択する自由意志というのが人にはあり、何を選択するかで当然、結果も違うのは当たり前で、それは誰でも理解はできる事だと思います。

行いには必ず結果が返ってきますので(必ず公平に)行い方の選択によっては、嫌な思いをする結果や、嬉しい思いをする結果となって帰ってきます。

 

じゃ、どのように選択したらよいの?となるのですが、それを前半の部分のヴェーダという文献によって教えられています。

どの行いを選択するかはダルマ(調和とか秩序、あるがままのもの、宇宙の法則)の理解が必要であり、そのダルマに沿った行いをなるべく選択するということの大切ですが、その理解も大切です。

 

出来るだけ、ダルマに沿った行いを選択出来れば良いですが、それによって自分が我慢をしなくてはいけないこともあります。その我慢というのは個人の感情であり、根本は、好きとか嫌いの感情から来てることにも気付けるのではないでしょうか。

そして、その気付きに識別が起こるので、その気付きや疑問は、客観的に見ていく上では大切といわれています。

 

今まで自分のことだけだったり、自分の感情のままに行いを選択してきたかもしれませんが、よりダルマ、自分も大切ですが、自分を含め全てが生かされていて、人間が一番素晴らしいではなく、全てと調和するということへの理解も深まっていけると思います。

 

そして、カルマヨーガとはどのようなことなのか、その時その場所でしなければいけないことというのはどういうことなのかをしっかりと理解しなくてはいけないのではないでしょうか。

その理解が、行いを選択するということは、するべき事、そうでない事はおのずと決まってくるので、するべき時にするべき事ができるということにつながりませんか。感情はいろいろ沸いてくるでしょうが、、、

 

そして、その行いを続けていくことで、内側の部分、感情が起こる場所や揺れ動く考えが客観的に見るということに育てられるので、その成長にヴェーダーンタという教えを聞く準備が出来ていきます。

ヴェーダーンタは人が追い求めるゴールを教えています。

だれもが幸せであるという事実、純粋に知ることが自分とは何かのゴール・・・自身で勝手に設定している制限からの自由ということを教えてくださる先生達によって、私達は教わることが出来ます。

 

ただ、それを教わるのには、伝統的に学んでこられた先生達の言葉がとても大切です。

先生なくしての勉強では勘違いがおこり、都合よく自分を中心とした自由と解釈にもなりがちで、救われるもの、何がヨーガなのかも精神論みたいなことになりそうです。

 

先生の先生も、またその先生たちも、その教えを大切にグルパランパラーとして、その伝統的な方法論を大切に守られてきました。そのお陰で私達はその恩恵が与えられています。

 

ヴェーダーンタの教えは知ることと言われていますので、行いは関係ないのではと思いがちですが、行いを通して心を育てていけるものであり、それが人としての成長となるわけで、その成長がなければヴェーダーンタの言葉は働かないし、都合の良い道具なだけになると思います。

 

その教えを知るということは、普段の役割をきちっとこなしながら、するべきことするということの理解、全ては法則で成り立っているという理解、行いを奉げるということはどういうことなのか、そして、行いの結果とはただ単に結果としてではなく、与えられたという理解に繋がっていきます。

 

役割は役割として、学生でしたら学生として、妻、夫として、いろいろな役割は役割としてすべきこととすべきでないことは決まっています。仕事の種類でもないし、誰かのマネでもないです。

この仕事は自分に向いてるとか、嫌だから変えるとか、ストレスは自分を傷つけるから、辞めるとかありがちでよく勘違いされやすいです。

  

そして、その勉強には、無理に理解しようとするのではなく、ある程度、先生を信頼し何回も何回もそして、繰り返し、その教えに耳を傾けてみることが大切だと言われています。本当にその通りですね。頭で理解や記憶していても、自分に落とし込めていなければ、その言葉も働かないですよね。

その信頼、シュラッダーがとても大切で、そのシュラッダーがなければ自分にも信頼はできないといことなのではないかなと思います。

  

その理解が進むにつれ、祈るということも自然に出来ていけるのではないでしょうか。

そこには本来、誰もが備わっている思いやりや優しさ、そして丁寧さが自然とあらわれ、物事の捉え方もどんどんシンプルになっていくのも理解していけるような成長になるのではないでしょうか。

結果、執着を手放すということが理解できると思います。無理矢理ではなく自然に。

 

世の中や考え、感覚器官も体も、常に変化していくものであり、何かを手に入れたら幸せと思っていた自分の制限からの自由、それをヴェーダーンタは教えています。

その教えがギュッと詰まった「いーしゅわらーやなまは」の本を少しずつ読み進めていく勉強会です。

  

変えられないことを一生懸命頑張るのではなく、そのことを知り、受け入れる勇気と知識がありますように。

行いを奉げるという態度、結果はプレゼントとして受け入れる態度という理解が進みますように。

そして、楽しんでいけますように。

 

参加費は、ダクシナ制とさせていただきます(スタジオ運営費として最低¥500をお願いしております)

「いーしゅわらーや なまは」の 本  http://www.para-vidya.com/006

 

「ダクシナ」とはインド伝統において、ヴェーダやヴェーダーンタがとても神聖なものとみなされていて、その知識と伝統に対する尊敬と感謝が「ダクシナ」です。生徒はその教えに感謝という態度を、先生や施設にダクシナをします。ヨーガの意味を深めることからダクシナ制が大切にされ、その教えや伝統が守られてきました。いただいたダクシナは、日本でこの知識を教え継いでゆく勉強会の活動費、運営費に 使わせていただきます。

 

 ओम् शान्तिः शान्तिः शान्तिः  

 

新しいクラスや変更のお知らせ

新しいクラス、FRP、ファンクショナルローラーピラティスベーシッククラスを始めます。

そのため、変更となるヨガクラスもありますのでスケジュールにてご確認をお願い致します。

@Kanazawa

毎週木曜 9:30~10:40 

毎週火曜 19:00~20:10

毎週日曜9:30~10:40

@Komatsu

毎週金曜17:30~18:40

毎週水曜 9:30~10:40

日曜は検討中です。

しばらくお待ちください。

 ***********************

クラス変更のお知らせ

@Komatsuスタジオ

金曜17:00⇒17:30スタート

***********************

@Kanazawa、@Komatsu

スタジオの時間お休みなどは

スケジュールにて

ご確認ください。

スケジュールはこちら 

***********************

初めてのヴェーダーンタ勉強会

次回の「いーしゅわらーやなまは」

勉強会&チャンティング第6回

@Kanazawa

11月17日(土) 13:30~15:30

@Komatsu

11月18日(日)13:30~15:30

 

最後の30分は、ハピネスを祈るスヴァスティ・パータや食事の前のチャンティング、一定期間唱えることで、願いがかなうと言われているサンカタナーシャナ ガネーシャ ストートラムにも挑戦していきたいなと考えています。チャンティングに慣れていき、チャンティングは祈りの行いでもあるので、意味も知ることで、さらに理解しようとなるのではないでしょうか。

誰もが幸せであるということ、そのゴールを教えているのがヴェーダーンタです。

ヤンララ@Kanazawa studio

ヤンララ@Komatsu studio

  yang lalah(ヤンララ)とは

虹という意味です

Medha Michika 先生のブログ

Muktih 先生のホームページ