Michika先生/金沢キャンプ

 

「バガヴァッド・ギーターが教えるカルマヨーガというライフスタイルとは何か」

 

みちか先生から教わる機会に恵まれ、先生と共に過ごし、早朝6時からのプージャから始まり、夜のサットサンガまで、びっしりと濃い2日間を過ごすことができました。

 

そして、カルマヨーガというライフスタイルを教わる前に、まず人が求めるもの(プルシャ アルタ)

とは何なのかということを見ていき、人が欲しいものは沢山あるように見えるけど、本当は1つです。

そして、それは大体4つに分けられ、その4つを見ていきました。

アルタ(安心、安全)カーマ(快適さ)ダルマ(秩序)モークシャ(制限からフリー)

 

70億人いたら、それぞれの求めるのも違うから、沢山あるのは当然ですよね。同じ人間なんていないのですから、、、

なんで何かを追い求めるのかというと、根本的に私は幸せにならなくてはいけないという思いが根底にあるからで、それは全て制限されたものであり、それは状態ですということ。

 

不安という制限があるから、安心という制限が欲しい(アルタ)そして、そこに快適さを求める

(カーマ)。

ほとんどがそれで、人生を費やしてるというか、費やしてきました、、、

 

この世の中は状態であって、それは常に変わり続けるものという事に気づいていません。

空間に、時間に性別や国籍、個々に制限されてる、、、

 

なんとなく気付いてはいても、それを知る術がなかったから、常に何かを追い求めていく行いをし続けてしまう、、、ほんとにどれだけ、何かを求めるんでしょうね。よく次から次へと飽きずに求めるもんだと思います。

 

そして、癒しだったり、食事だったり、アルコールだったりに走ることで、一瞬、制限から外れた気分になり開放されたように思ってしまうので、それを繰り返すのも当然かもしれないです。

結局は何をしたかったのか?となりますよね、、、

制限を取り除きたかっただけであり、そのきっかけが欲しかっただけであり、制限から外れた自分が欲しかっただけなのだということを説明されて、ほんとに「そうそう」とうなずいていました。

 

どこかで気付ければ良いけどというより、気付かなくてはいけないでしょうと思う。

そこに気付いて、じゃあ、どうすれば良いかとなります。

 

行いには必ず結果があり、見える結果と見えない結果があります。

人間に対して問いかけるように、それがありますよと教えているのがヴェーダで、それはダルマ(秩序)に沿った行いを教えています。

 

ダルマは宇宙の法則であり、全てが法則で成り立っているので、ダルマ(良い行い)な行いをすれば、当然プンニャという貯金はどんどん貯まり、いつかはそれも返ってきます。

そして、アダルマ(サンスクリット語では「ア」がつくと反対の意味になります)な行い(悪い行い)をすれば、それはパーパという負債も膨らみます。当たり前のことですが、その当たり前のことが見えないんですよね。証明できない結果だから。

 

そして感情というのは、自分の近くにあるものだから、感情の優先順位は上となり、当たり前のことも見えなくなっているのもわかります。

なので、行いを通して心を育てていかなくてはいけないのです。

 

ダルマは法則なのだから、まずその部分のところをそれぞれの側面をあらわしているデーヴァター(ガネーシャ(全ての障害を取り除いてくれる)とかラクシュミー(家族や仕事、収入や財などの富)などの想い方、認識していくこと、マインドでキャッチしやすいようにデーヴァターがあるので、信じるとかではなく、客観的に見るようにしていくということ。

それは大切な事です。いろんな名前があるのも、私達の全ての部分なわけですから。

 

そして、ヴェーダは知識を教えていて、ヴェーダーンタは人が追い求めるもののゴールを教えています。

幸せな状況が欲しいのではなくて、すでに幸せは自分にあるという事実、何かを分け隔ててるものは何かというと、自分が分け隔てていることに気付いていないという事実、本当はへだててるものなどないのに、、、

じゃあ、どうすれば良いの?となりますよね。それは知れば良いだけですが、知る手段がなかったということです。

 

そして、それを知るには伝統的な方法論で学んできた先生から学ぶ必要があります。

なぜなら、自分で本を読んで学ぼうと思っても、自分の価値観でしか、理解が出来ないからで、それが混乱や勘違いが起きてくるからです。

 

全ての制限からフリーなもの(モークシャ)、すでにあるものであるという知識。

ただ、そこの理解するには心を育てていかないと、頭でっかちな知識となってしまいます。

 

知るべき事とするべき事をハッキリと理解することは、とても大切な事です。

そこをごちゃごちゃにしてしまってるから、そもそもするべき事が後回しだったり、それが解放と勘違いしたり、面倒だからとか、これが心地良いからとかで、こがやりたいから辞めるとかの行いを選択してしまう。無意識なのかはわかりませんが。

 

ブラフマンとは知るべきことであって、マインドを少しずつ成長させていくには、それはするべき事をして、マインドを育てるというものです。

 

ギーターは自分とは何かを教えている他に、マインドを育てる行いも教えているので、カルマヨーガというライフスタイルは、その時、その状況でのするべき事をしっかりとして、空いた時間を見つけて勉強をしていくことがするべきことです。勉強したいから、本来しなくてはいけない事をしない、辞めるとかではないです。

そこがいつも、混乱して自分の都合にすり替えてる気がします。

感情は理性を狂わせることが出来るし、どんなに勉強しても染められてしまうという事でした。

 

この教えは、毎回新鮮な気持ちで、教えを聞いていられるし、何回も繰り返し聞くという、その姿勢が大切。

「それ、前に聞いた」とかではなく、その教えが本当に理解していくことなので、1回聞いたからと言って、マインドは育たないです。

 

今回の教えで、ステキだなぁと思ったのは、言葉というのは、人に対して使う言葉を吟味し、人に対して貢献できる言葉を使う方が良いということ。その人にとって利益があるような言葉を使うようにするということです。それが出来れば、世の中混乱しないですよね。ケンカにもならないでしょうし。

そんな説明がキレイだなと酔いしれてしまいました。

 

長々と書いてしまいましたが、今回このようなキャンプを引き受けてくださり、天候が雪でハラハラしたりもしましたが、みちか先生のそのようなトラブルも楽しんでおられる姿、そして、私も勉強できるようにと、ムクティ先生が、食事の準備の為だけに日帰りで来てくださったりと、先生達の姿を実際に見させて頂けたことが何よりも勉強となりました。

本当にありがとうございました。

 

そして、ビクシャーをしてくださった方々、ご理解とご協力をありがとうございました。

県外からのご参加の方も多く、このようなキャンプは初めてでしたので、緊張しましたが、

皆さまがいろいろと手伝っていただけたおかげで、無事終えることが出来ました。

本当にありがとうございました。

 

また、皆さまと次回お会いできることを楽しみにしています。

この教えが継続していけますように。

クラスやお休みなどのお知らせ

新しいクラスが@Kanazawaで

始まります。

・3月からYukikoさんによる

シヴァーナンダヨーガクラス

(第1、第2日曜14時~)と

シヴァーナンダヨーガをベースとしたクラス(月曜10時~)

 

・4/18日からSachiさんによる

初心者クラスが始まります。

水曜クラス)10:30~11:45

日曜クラス)11:00~12:15

日曜クラスは5月から

 

・4月26日でRinaさんクラスは仕事上の都合により休講となりまして、新たにSachiさんクラスに変更となります。

 

スケジュールにてご確認ください。

***********************

クラス変更のお知らせ

@Komatsuスタジオ

金曜17:00⇒17:30スタート

***********************

@Kanazawa、@Komatsu

スタジオの時間お休みなどは

スケジュールにて

ご確認ください。

スケジュールはこちら 

***********************

初めてのヴェーダーンタ勉強会

次回の「いーしゅわらーやなまは」

勉強会&チャンティング第6回

@Kanazawa

5/19日(土)

13:30~14:50

@Komatsu

5/20(日)

13:30~15:30

最後の30分は、ハピネスを祈るスヴァスティ・パータや食事の前のチャンティング、一定期間唱えることで、願いがかなうと言われているサンカタナーシャナ ガネーシャ ストートラムにも挑戦していきたいなと考えています。チャンティングに慣れていけることで、祈りの行いであること、そして、意味も深まるような考えの準備もできるでしょう。

少しづつですが、ヨーガの意味を

理解し、きれいな考えにしていく道具として、この勉強会に参加しませんか?

くつろげるとは、すでにあるものであるがままのことをあるがままに見るということを知るだけです。

その知識以外にゴールはありません。

誰もが知る権利があり、そのゴールを教えているのがヴェーダーンタです。

ヤンララ@Kanazawa studio

ヤンララ@Komatsu studio

ヨーガを続けていると、

カラダや考えに何かしらの変化が

起きてきます。 

呼吸をコントロールしながら

ポーズをとると、

まず精神面が落ち着きます。

精神面が落ち着くことで

集中して、体を動かすことができてるなと気付いていけます。

クラスが終わった頃に何かしら

体も精神面もスッキリした体験ができてるなという気付き。

そして、普段の役割から離れた自分というものがリラックスしている

ことかもしれないという気付きとなります。

その気付きが、今までの考えや見方にも変化がおきてきます。

そこから、いろいろな識別や

見極めが始まり

自分とは何か?ヨーガって何?を

知りたいという願望がおこったら

ヨーガのはじまり。

何も不安のない考えからの自由。

自身がすで持っているものを知ることで自身の中で解決します。

まず、体を動かして、何かしら

自分自身にリラックスできている

ことに気付いていきませんか?

いろんな役割から離れた

基本の自分に留まる時間を少しもっていきませんか?

そして、基本の自分と

いろんな役割の自分との間に

スペース、ゆとりが持てることで

それぞれの役割

仕事や結婚や子育てが輝き、

楽しめます。

そして、これからのライフスタイルにヨーガを取り入れて

それぞれの役割を行いながら

ヨーガに変えてみませんか?

  yang lalah(ヤンララ)とは

虹という意味です

Medha Michika 先生のブログ

Muktih 先生のホームページ