カルマヨーガ②

久々にアップします。

なので、また同じような内容になりそうですが、自分自身の理解にと思ってます。

 

カルマヨーガ、どうしても奉仕という理解が多い気がします。「カルマヨーガします」とか・・・以前の私はそうでした(笑)

見返りや期待しないでの行い。

 

確かにそうでもあります。でもそれだけの説明だと、なんか修行という言葉の束縛にはまってしまう感じがします。余計な事を考えないようにしようとか・・・

 

カルマヨーガって仕事だったり子育てだったり家事、それぞれの立場のしなくてはいけない事をしながら自分とは何か?ということを知る探究をしていくこと。仕事の種類でもないし、アーサナーヨーガをしなくてはいけないわけでもない。

そして、行いには必ず結果があり、その結果によっては、自分にとって好ましくないと思う結果や、悲しい結果だとしても、好ましい結果や嬉しい結果と同じという見方でみれること。

何かを行うにあたり、目標があるからそれに向かって行うので、努力はしてるはず。誰も失敗しようと思って行いをしてるのでないのであれば、結果はどうであれ、イーシュワラからの贈り物だという見方だということ。

 

それを言葉で教わった時は、何かスーっと、今までの自分の勘違いみたいなものが落ちた感じでした。

言葉で教わる事の大切さやまた、それを理解してる先生の言葉との出会いは、感激です。

 

いろんな方がいるけど、感覚器官のリラックスで自身が解放されるとかフワフワした表現(光が見えるとか感じましょうとか)の言葉では、それがないとダメな自分と思ってしまうし、惑わされてしまう。そういう体験も大切だけど、それはあくまでも体験であり、それによって何かが変わるとか解放はされないような・・・そのことを知ってて楽しむのであれば素晴らしい体験だと思う。

以前はそんなことにいろいろとすがったこともあるけど、結局は同じことで、また自信のない自分に戻ってしまう。それの繰り返し・・・嫌いではなく、むしろ好きな方だったので、いろんなところにお金を使ってました(笑)

 

行いの種類(考え方や態度)ダルマ(調和、秩序)を求めた行いによって、聖典に耳を傾ける準備が整い、そこからヨーガが始まる。考え方が行いをヨーガに変える。その整理されたキレイな考えにしていくには先生や聖典の言葉で知ることが大切で、自分とは何かの探究、知る事でのゴール、モークシャ(自由)がある。行いの結果ではないです。知ることだということ。

そして、常にイーシュワラと共に、相手にもイーシュワラを想い、ダルマを求め、モークシャを求めたライフスタイルをしていくこと。そして、すべての結果も贈り物としてみていくこと。カルマヨーガ

クラスやお休みなどのお知らせ

新しいクラスが@Kanazawaで

始まります。

・3月からYukikoさんによる

シヴァーナンダヨーガクラス

(第1、第2日曜14時~)と

シヴァーナンダヨーガをベースとしたクラス(月曜10時~)

 

・4/18日からSachiさんによる

初心者クラスが始まります。

水曜クラス)10:30~11:45

日曜クラス)11:00~12:15

  

スケジュールにてご確認ください。

***********************

クラス変更のお知らせ

@Komatsuスタジオ

金曜17:00⇒17:30スタート

***********************

@Kanazawa、@Komatsu

スタジオの時間お休みなどは

スケジュールにて

ご確認ください。

スケジュールはこちら 

***********************

初めてのヴェーダーンタ勉強会

次回の「いーしゅわらーやなまは」

勉強会&チャンティング第6回

@Kanazawa

9/日(土)

13:30~15:30

@Komatsu

9/(日)

13:30~15:30

最後の30分は、ハピネスを祈るスヴァスティ・パータや食事の前のチャンティング、一定期間唱えることで、願いがかなうと言われているサンカタナーシャナ ガネーシャ ストートラムにも挑戦していきたいなと考えています。チャンティングに慣れていき、チャンティングは祈りの行いでもあるので、意味も知ることで、さらに理解しようとなるのではないでしょうか。

誰もが幸せであるということ、そのゴールを教えているのがヴェーダーンタです。

ヤンララ@Kanazawa studio

ヤンララ@Komatsu studio

  yang lalah(ヤンララ)とは

虹という意味です

Medha Michika 先生のブログ

Muktih 先生のホームページ