プラマーナ②

久しぶりな投稿です(..)

バタバタしてたという言い訳をしてます。


私たちは今までの、5つの感覚器官で得たものをベースに、世界を見ているので、そこから考えが働いているので、5つの感覚器官ではとらえられないエリアの世界では、その考えは及ばないです。

それを教えているのが、ヴェーダ(聖典)。

なので、自分の考えだけで理解しようとしても、今までのベースの自分なりの解釈や理解になるので、勘違いはおきて当たり前かもしれないです。

 

いろんな不安や恐れみたいなものから逃れようとする葛藤などからの自由があるなら、それは自分自身についての知識だけということみたいです。

何かになる事とか得る事や、反対に諦める事や手放すとか捨てるとかしても、それが自由になるのではないです。よく言われるエゴを捨てる、欲求を捨てることではない。それは繰り返されるだけ・・・

 

そして、瞑想やヨーガなども大切な行いだけど、それをしてるから、自由、ゴールを得るのでもないです。モークシャ(自由)を得る為の間接的な道具。

それを理解する必要があり、それを教えるのがヴェーダーンタを使って言葉で教えてる先生。

その先生にも先生がいて、そのまた先生にも先生がいる。変わる事のない教え方の教え。

決して、聖典を読んで理解したから、その先生なりの解釈の言葉ではない。

それがとても大切だというのが、教わって気づきました。

今までは何だったんだろう・・・。間違ってはいないけど、解釈が違う方向に行ってました・・・

だから、いろんな教えが存在するんですけど・・・

そしたら、どの先生にとなりますが、教わった事からいうと、見分け方として、その先生はどの先生から教わってきたかということでした。勝手に独学で得た知識や勉強ではないということかな・・・

昔から変わらないやり方で、それがそのまま伝えられてるかどうかだそう。

聖典を教える方は沢山といるので、自分の解釈を教える先生だと、教わる側もそう伝わるのも当然ですね。もしかしたら、いつかそんな先生とも出会うかもしれないですが・・・

それもプラーラブダカルマ、過去の行いの結果の現れで、変えられない結果なのですね・・・

 

その先生は、今までの自分が作り上げてきた、言葉の理解や意味を打ち砕く言葉でなくてはいけないし、自分の観念を落としていける言葉が必要です。

それを打ち砕いてくれるのがヴェーダーンタなので、その言葉を解き明かしてくれる先生が必要です。

その知識を得る道具がプラマーナ

そのプラマーナもそれぞれのいろんな知識、勉強にふさわしいプラマーナが必要なのは当然です。

ヨーガというライフスタイルや真実のゴールを教えるプラマーナが聖典やそれを使って言葉で教えられる先生となります。伝統な方法で学んできた先生から原典の詩を使って教えを受ける事が大切です。そして、その時間を共に過ごして学ぶことが大切なんですね。


しみじみと本当の言葉の意味を教わることで、今までのいろんな情報が、どんどん整理されてきてると思う。

今までは何だったんだろうと・・・

理解が別々のものとなりませんように・・・とても大切な言葉です。

クラスのお知らせ

@Kanazawa、@Komatsu

スタジオの時間などは

スケジュールにて

ご確認いただけます。 

*************************

初めてのヴェーダーンタ勉強会

次回の「いーしゅわらーやなまは」

勉強会&チャンティング第6回

11/18日(土)

@Kanazawa

11/19(日)

@Komatsu

13:30~15:30

最後の30分は、ハピネスを祈るスヴァスティ・パータや食事の前のチャンティング、一定期間唱えることで、願いがかなうと言われているガネーシャ・ストートラムにも挑戦していきたいなと考えています。チャンティングに慣れていけることで、祈りの行いであること、そして、意味も深まるような考えの準備もできるでしょう。

少しづつですが、ヨーガの意味を

理解し、きれいな考えにしていく道具として、この勉強会に参加しませんか?

くつろげるとは、すでにあるものであるがままのことをあるがままに見るということを知るだけです。

その知識以外にゴールはありません。

誰もが知る権利があり、そのゴールを教えているのがヴェーダーンタです。

お休みのお知らせ

Akemiクラス

11/25~12/8日

12/29~1/3日

Rinaクラス

11/26,27日

Maiクラス

 

ヤンララ@Kanazawa studio

ヤンララ@Komatsu studio

ヨーガを続けていると、

カラダや考えに何かしらの変化が

起きてきます。 

呼吸をコントロールしながら

ポーズをとると、

まず内面、考えが落ち着きます。

考えが落ち着くことで

カラダとのバランスがとれていき、安定してきます。

そして、自分自身にくつろいでいるリラックスしていることの気付きとなります。

その気付きが、今までの考えや見方にも変化がおきてきます。

そこから、いろいろな識別や

見極めが始まり

自分とは何か?ヨーガって何?を

知りたいという願望がおこったら

ヨーガのはじまり。

何も不安のない考えからの自由。

自身がすで持っているものを知ることで自身の中で解決します。

まず、体を動かして、何かしら

自分自身にリラックスできている

ことに気付いていきませんか?

いろんな役割から離れた

基本の自分に留まる時間を少しもっていきませんか?

そして、基本の自分と

いろんな役割の自分との間に

スペース、ゆとりが持てることで

それぞれの役割

仕事や結婚や子育てが輝き、

楽しめます。

そして、これからのライフスタイルにヨーガを取り入れて

それぞれの役割を行いながら

ヨーガに変えてみませんか?

  yanglalah(ヤンララ)とは

バリ語で虹という意味です

Medha Michika 先生のブログ

Muktih 先生のホームページ