聖典の教え

朝の静かな時間での聖典の勉強を始めて9か月。

最初は気合が入りすぎて、何でもメモしたりして、焦りみたいなものもあってか、とにかく

リラックスが出来ないでいた気がします。

そういう状態の勉強では、続かないし、自分がしんどくなるなぁと思えるようにもなりました。

今では、自分のなかで、その時に響いた言葉をメモするぐらいで、その時間帯がとても心地よくて、

とても、穏やかにいれる感じがあります。

静かで落ち着いてて、聖典だけの教えに耳を傾ける。私にとって、瞑想の時間です。

自分の中に知識を定着させる練習・・・

 

聖典の教えたいのはイーシュワラで、聖典はイーシュワラを気づかせる為にある。

そのイーシュワラに気づく為に勉強してるので、ヨーガは穏やかで、やさしい時間に感じるのは当たり前ですね。

そこに気づくにも、すんなりと、たどり着いたでもなく、ようやくな感じです。

最初からこの聖典にたどり着く人もいるでしょうし、それもすべて、イーシュワラから帰ってきてる。プラーラブダカルマ(過去の行いによって決められていること)に沿って、そうなってるだけ。

 

アルタ(安全)カーマ(喜び)を常に追い求めても、満たされることはないし、それを求め続けてもも、ゴールが見えない。

知らないという事って、本当にそれの繰り返しで情緒的成長がないから、どこか楽しいであろうと思うことを探し続ける・・・役割も忘れて・・・転職しても、結局変わらない・・・

欲を満たすものは聖典の知識だったら、それは成長にはとてもいい欲望です。

 

すでに知識を得た人で、カルマヨーガを役割として、続けてる方は、それぞれの身分の振る舞い方で

きらびやかな恰好や物の生活でも良いし、それが風格だったりするけど、アルタ、カーマで満足する為にだけ、必要以上の物を求めすぎるのは、欲で満たそうという勘違いが、起こってるだけになるのだと思います。その結果、上がったり下がったりの自分・・・

カルマヨーギは、きらびやかな生活してても、それが必要だともなく、なくなっても同じで、困らないし変わらないと理解してるから、キラキラした生活はいっこうにかまわないわけです。だれでもではないです。

 

この解釈も、いままで思ってた事とは違ってたので、この教えを聞いた時、自然に心の中で納得できました。

ヨーギーはナチュラルでないと・・・と無理やりな理解がずれてた感じでした。確かにそうですが、その無理やりな理解は、聖典の言ってる事の意味を教えてくれるグル(先生)よって、自然と理解し、自分を知っていくことで、今までの誤解や勘違いに気づかされる。なので、聖典だけの勉強だけも、勘違いをしやすいので、それと共にグルも必要なのも、すごく納得できました。


ほんと、聖典はおもしろいと今さらながら思ってきて、どんどん自然に耳を傾けられる自分にも

ビックリ(^_^;)

それがとても、穏やかで優しく思いやりあふれてる感じが心地よいです。

こんな風に思えるようになるには、やはり、教えの段階があり、少しずつヴィヴェーカ(見極め)が進むという事の実感がある。

どうしても、アハンカーラ(自分という観念、エゴ)という思い違いに気づけないでいるし、それが根強い・・・だから、教えが必要なんですね・・・

新しいクラスや変更のお知らせ

新しいクラス、FRP、ファンクショナルローラーピラティスベーシッククラスを始めます。

そのため、変更となるヨガクラスもありますのでスケジュールにてご確認をお願い致します。

@Kanazawa

11月8日、毎週木曜 9:30~ 

11月13日、毎週火曜 19:00~

@Komatsu

11月2日、毎週金曜17:30~

11月14日、毎週水曜 9:30~

日曜は検討中です。

しばらくお待ちください。

 ***********************

クラス変更のお知らせ

@Komatsuスタジオ

金曜17:00⇒17:30スタート

***********************

@Kanazawa、@Komatsu

スタジオの時間お休みなどは

スケジュールにて

ご確認ください。

スケジュールはこちら 

***********************

初めてのヴェーダーンタ勉強会

次回の「いーしゅわらーやなまは」

勉強会&チャンティング第6回

@Kanazawa

11月17日(土) 13:30~15:30

@Komatsu

11月18日(日)13:30~15:30

 

最後の30分は、ハピネスを祈るスヴァスティ・パータや食事の前のチャンティング、一定期間唱えることで、願いがかなうと言われているサンカタナーシャナ ガネーシャ ストートラムにも挑戦していきたいなと考えています。チャンティングに慣れていき、チャンティングは祈りの行いでもあるので、意味も知ることで、さらに理解しようとなるのではないでしょうか。

誰もが幸せであるということ、そのゴールを教えているのがヴェーダーンタです。

ヤンララ@Kanazawa studio

ヤンララ@Komatsu studio

  yang lalah(ヤンララ)とは

虹という意味です

Medha Michika 先生のブログ

Muktih 先生のホームページ