結果に対する執着



何か行動する時は、願望があり結果を期待して行いをすると思います。

結果しか興味がないので、情熱や心配などのいろんな考えを持って行いをします。

そこに行いの結果への執着がでてくる・・・

そして、アンタッカラナシュッディ(キレイな考え)の為に行いをするのではなく、結果だけにこだわってしまうとカルマに縛られてしまいます。

 

その結果の執着があると、良い事がおこらなければいけないととの考えになります。

なので、結果が良くないかもと思うことになる行いは、しないでおこうとか考えます。

確かにそうかもしれない・・・悪い結果がわかってたら動きたくないですから・・・

ただ、その悪い事として考えるのも自分でだから、それが悪い事として受け取ってしまうだけのような気がします。

 

執着の価値をアンタッカラナシュッディ、キレイな考えの為という見方の執着を持たないだけです。

持ちどころが間違ってるだけなので、もっと得したいとかとなっていく・・・

それは、ただ無知なだけなので、ヴェーダとかの勉強がないと、良いと思う結果だけの行いしかできなくなったり、反対に何もしないとの怠惰なものになってしまうと思います。

 

身体をもってこの世界に生まれた事は、しなければいけない事があり、それを良いからする、悪いからしないとかではないです。

その考えはカルマヨーガで、行いの結果は、良かろうが悪かろうが、成功失敗であろうが、それは全てイーシュワラからのプレゼントという見え方の知性、プラサーダブッディ。

何か原因があって、結果として表れてるので、良い悪いも意味があってのことだから

それを受け取り、ただすべき事だけをするだけです。イーシュワラによって、結果をもたらせてるだけ

カルタッヴャブッディ、嫌と思うことでも、しなければいけない事は義務として行える人という知性が

あります。

そして、カルマヨーギーはそれの練習中なんだとか(^_^;)スピリチュアルな教えはカルマヨーガではなく、見えないものではなくて、リアルな教えがカルマヨーガということになるんですかねぇ・・・

 

カルタッヴャブッディ(しなければいけない事は義務として行える人)はヨーギーでなくても、だれでもにあります。

誰だって、善や悪は分かってるし、何をしてはいけないとかは知ってます。でもその使い方の考えが自分の都合だったり、感情の満足の為だったりして、そこに言い訳をつくることで悪いことでも正当化してしまうのに問題があって、価値構造が狂ってるなだけです。

例えば、家族を食べさせるから、泥棒をするとか・・・嫌な思いをさせられたから、同じように返すとか・・・極端ですが(^_^;)

でも、よーく考えたらそんな言い訳はよく耳にするなぁと思いました。

自分でもそんな所があったと思う。知らないとはコワイ事ですね。

 

そして、行いの結果が悪いのは、自分の責任ではなく与えられてるので、その考えは手放して

やるべき行いにのみ努力するのが大切です。

ここで勘違いしやすいと思いますが、自分に責任がないから適当にするとか、だれかに責任転嫁するではないです。

 

結果は与えられてるだけなので、行いに関して努力をして、結果が悪いも良いも同じだという見え方、

そんな考えを持つ必要がありますね(^_^)

 

ほんとに聖典を、知れば知るほど、今までの上がったり下がったりな感情がどんどん楽になってると思います。この束縛からの解放・・・自分が勝手に難しく考えてただけ・・・

新しいクラスや変更のお知らせ

新しいクラス、FRP、ファンクショナルローラーピラティスベーシッククラスを始めます。

そのため、変更となるヨガクラスもありますのでスケジュールにてご確認をお願い致します。

@Kanazawa

11月8日、毎週木曜 9:30~ 

11月13日、毎週火曜 19:00~

@Komatsu

11月2日、毎週金曜17:30~

11月14日、毎週水曜 9:30~

日曜は検討中です。

しばらくお待ちください。

 ***********************

クラス変更のお知らせ

@Komatsuスタジオ

金曜17:00⇒17:30スタート

***********************

@Kanazawa、@Komatsu

スタジオの時間お休みなどは

スケジュールにて

ご確認ください。

スケジュールはこちら 

***********************

初めてのヴェーダーンタ勉強会

次回の「いーしゅわらーやなまは」

勉強会&チャンティング第6回

@Kanazawa

11月17日(土) 13:30~15:30

@Komatsu

11月18日(日)13:30~15:30

 

最後の30分は、ハピネスを祈るスヴァスティ・パータや食事の前のチャンティング、一定期間唱えることで、願いがかなうと言われているサンカタナーシャナ ガネーシャ ストートラムにも挑戦していきたいなと考えています。チャンティングに慣れていき、チャンティングは祈りの行いでもあるので、意味も知ることで、さらに理解しようとなるのではないでしょうか。

誰もが幸せであるということ、そのゴールを教えているのがヴェーダーンタです。

ヤンララ@Kanazawa studio

ヤンララ@Komatsu studio

  yang lalah(ヤンララ)とは

虹という意味です

Medha Michika 先生のブログ

Muktih 先生のホームページ