カルマヨーガ

カルマは行いだけど、カルマヨーガって、よく言われるのは、無私の奉仕とかですが、その言葉だけで解釈してると、見返りや結果を求めない事となります。

そして、分かってても、なかなかその感情のコントロールが大変と思うし、そこから束縛されてる自分に「どうして私ってこうなんだろう」と繰り返してしまう。

まさに今までの自分がそうだった(^_^;)

 

カルマヨーガってそもそも、役割を持って生まれてきたのだから、その役割(学生の時期、社会人、結婚、子育てや上司の立場だったり、部下の立場etc...)をしながら、モークシャ(行いからの自由)を得る事の知識を勉強していくことの、行いの追求なので、つらくもなく、束縛もないはず。

行いを追求する者にとって、行いを道具とするという意味の追求は聖典を使いながらの行いでないとむずかしいかもしれない。

最初から無知を落とす道具ってもっていないので、そのエリアの世界を、教えてる聖典が必要になる。

そうかもしれないと少しずつ実感してます。勘違いの解釈が多かったし、理解に苦しんでた・・・それってヨーガからはずれてるし・・・

 

行いは聖典を使って世界をみせているので、食べる目的や結婚、働くことの目的を、神々の側面からイーシュワラ(生きた生命体の宇宙)を見ていく、自分とイーシュワラは別々ではないという見方。

 

どんな風に目の前にある食べ物が実ってあるのかを知らずに、ただ満足なだけの為にいただくのは、泥棒と同じとも言われました。それを知らずに人生を送るのは無駄な人生を送ることになる。

あらためて、そう教わるとしっくり自分の中に入ってくる。今はとても便利で、何でも揃うし、手に入るので、そういうことを考えることや教わる機会が減ってる気がします。

だれもが、好き嫌い、心地よいものを追い求めるし、それが満足と感じてしまう。

常に変化してて、追い求めても、自分を満足させることにならないのに・・・

 

ヨーガを始めるとある程度、ヴィヴェーカ(識別)があるので、少しずつその意味や勉強の興味がでてきます。

 

でも、行い、瞑想三昧や、感覚器官、行動器官の心地よさを求める行いによって自由(モークシャ)を得ると思いがちだけど、それは自己満足なのかも・・・そうではなくて、知識を得ることによって、自由を得るということ。

 

なので、カルマヨーガをしながら、知識を勉強することで、知識が起こる状況の準備が出来るから、行いは大切です。アンタッカラナシュッディ(キレイな考え)を成し遂げる為に。

勘違いしやすい所だなぁと思いました。

クラスやお休みなどのお知らせ

新しいクラスが@Kanazawaで

始まります。

・3月からYukikoさんによる

シヴァーナンダヨーガクラス

(第1、第2日曜14時~)と

シヴァーナンダヨーガをベースとしたクラス(月曜10時~)

 

・4/18日からSachiさんによる

初心者クラスが始まります。

水曜クラス)10:30~11:45

日曜クラス)11:00~12:15

  

スケジュールにてご確認ください。

***********************

クラス変更のお知らせ

@Komatsuスタジオ

金曜17:00⇒17:30スタート

***********************

@Kanazawa、@Komatsu

スタジオの時間お休みなどは

スケジュールにて

ご確認ください。

スケジュールはこちら 

***********************

初めてのヴェーダーンタ勉強会

次回の「いーしゅわらーやなまは」

勉強会&チャンティング第6回

@Kanazawa

9/日(土)

13:30~15:30

@Komatsu

9/(日)

13:30~15:30

最後の30分は、ハピネスを祈るスヴァスティ・パータや食事の前のチャンティング、一定期間唱えることで、願いがかなうと言われているサンカタナーシャナ ガネーシャ ストートラムにも挑戦していきたいなと考えています。チャンティングに慣れていき、チャンティングは祈りの行いでもあるので、意味も知ることで、さらに理解しようとなるのではないでしょうか。

誰もが幸せであるということ、そのゴールを教えているのがヴェーダーンタです。

ヤンララ@Kanazawa studio

ヤンララ@Komatsu studio

  yang lalah(ヤンララ)とは

虹という意味です

Medha Michika 先生のブログ

Muktih 先生のホームページ