ブログ(ヴェーダーンタ)始めます

勉強したことを思い出すための練習でヴェーダーンタのブログ始めます(^_^)

 

今まで、言葉で上手く表現するのが難しいと勝手に思い込んでたので、ブログは敬遠してたのですが、ヴェーダーンタ(最後の知識)を朝の静かなな時間帯で勉強するようになり、それが日課となり始めて、ようやく良く見せようとする自分や、いい方向に行ってほしいという結果の願望の自分はもう、離していこうと、今さらながら思ってます。頭で理解はしてても、なかなか、それを自分の中に落とし込む事が出来ないでいたのです。

 

そもそも、そうやって生まれ変わって、今にいるのだから、受け入れるだけの事なのに・・・

最初は毎日毎日、寝不足だろうが二日酔いであろうが、朝6時からの勉強を続けました。でも、それをしてる自分に酔ってた所や、あ~つらいと感じてた所もあり、なかなか頭に入ってきませんでした。自分の頭の悪さに落ち込んだりもしました(^_^;)

上がったり下がったりの自分から平行線のまま・・・

 

ただ、今思う事は、何を勉強したくてやってるの?とその時の自分に言いたいと思える。

そして、今、それが楽しくなってきました。←おそいんですよね~

今は、朝以外でも、参加できる限り、ヴェーダーンタに浸ってます。

今までの中で一番、勉強に身がはいってるんではないかと思う(^_^;)

 

ゆっくりと楽しく、時には1年でも10年でもお休みをして、また聖典の勉強を始めればよいものとのアドバイスや、自分の短所でもある所を指摘してくれるヨーギーの言葉にも助けられ、

少しは自分自身を受け入れる事ができるようになったような、ならないような・・・

 

勉強した事を想い出す為に、自分の言葉にしてみる事で、それが知識として定着していくと

いうのも大切だし納得・・・

 

そして、このお勉強は、資格やお金を稼ぐ道具ではなくて、自分自身がイーシュワラ(生きた生命体宇宙、マーヤを持つブラフマン、宇宙をささえる存在意識)だと知る知識の為の道具なのだと。

 

すべて、プラーラブダカルマ(今の生まれを引き起こしてる以前のカルマ、行いの結果)によって、良い事も悪い事もおきて、それを止める事はできないし、受け入れるということ。それも自分の為に起こってるということ、その行いの結果に左右されないということ・・・

 

その日によって、すーと自分の中にはいってくるのもあるし、よーわからんと感じるときもあるけど、この先生に出会えたり、ご縁のある仲間がいる事は、GOODサムサーラ(モークシャを得るまで何回も生まれ変わること)で、過去の行いの結果が実ってると思うと、今の行いも、さらにダルマ(秩序、調和)な行いでありたいと知れたことが、本当にありがたい(^_^)

 

なんだか、やはり、まとまりがないけど、その日感じたことをかいていこうと思います。

これも、続けられるように(^_^;)

クラスやお休みなどのお知らせ

新しいクラスが@Kanazawaで

始まります。

・3月からYukikoさんによる

シヴァーナンダヨーガクラス

(第1、第2日曜14時~)と

シヴァーナンダヨーガをベースとしたクラス(月曜10時~)

 

・4/18日からSachiさんによる

初心者クラスが始まります。

水曜クラス)10:30~11:45

日曜クラス)11:00~12:15

  

スケジュールにてご確認ください。

***********************

クラス変更のお知らせ

@Komatsuスタジオ

金曜17:00⇒17:30スタート

***********************

@Kanazawa、@Komatsu

スタジオの時間お休みなどは

スケジュールにて

ご確認ください。

スケジュールはこちら 

***********************

初めてのヴェーダーンタ勉強会

次回の「いーしゅわらーやなまは」

勉強会&チャンティング第6回

@Kanazawa

9/日(土)

13:30~15:30

@Komatsu

9/(日)

13:30~15:30

最後の30分は、ハピネスを祈るスヴァスティ・パータや食事の前のチャンティング、一定期間唱えることで、願いがかなうと言われているサンカタナーシャナ ガネーシャ ストートラムにも挑戦していきたいなと考えています。チャンティングに慣れていき、チャンティングは祈りの行いでもあるので、意味も知ることで、さらに理解しようとなるのではないでしょうか。

誰もが幸せであるということ、そのゴールを教えているのがヴェーダーンタです。

ヤンララ@Kanazawa studio

ヤンララ@Komatsu studio

  yang lalah(ヤンララ)とは

虹という意味です

Medha Michika 先生のブログ

Muktih 先生のホームページ