サンスクリット語の発音と書き方          Drsti Ai ji    9/ 1,2(土日)

ヨーガのクラスなどで耳にしたことがあるチャンティングはサンスクリット語です。
サンスクリット語はインドに古くから伝わってきた言語で「とてもうまく作られた、洗練された」という意味があり、その体系がきれいに整っています。そもそも人が音を出しやすいように整っているということです。


そのサンスクリット語は『デーヴァ(神の)バーシャー(言語)』とも言われ、感謝と祈りを表現しています。人間に生まれてきたこと自体、とても素晴らしいことであって、過去の調和した行いの結果であるとされていますが、その中でもサンスクリット語に出会うということはとても吉兆なことであると言われています。


そして、ヨーガというものに興味を持つ、あるいは携わっておられる方は、それを学ぶ準備が整えられていくので、チャンティングの美しい音に心惹かれるということも自然な流れで出会うのかもしれません。


*シュローカ(祈りの詩歌)をチャンティングすることは、祈りの行為であり、

祈るということは、すべての人が幸せを実現していくために有効です。シュローカの意味を知らなくても、唱える行いだけで結果がでるとも言われ、プンニャ(良い行いの貯金)を積み上げられるのです。

行為には、必ず結果はあるので、声に出した方がより効果は大きいです。

 

毎日、続けていくうちに音にも慣れて、意味を知ることで、さらに祈りの意味も次第に深まります。祈りの行為が自分を成長させてくれるということにつながります。

 

そんな美しいサンスクリット語の音の出し方、表記の仕方やその意味を2日間で学んでいきます。


今年はAi先生から学び、実際に祈りの*シュローカをチャンティングしてみましょう。
クラスの前にチャンティングする、ガネーシャの祈りやサラッスヴァティーへの祈り、そして平和を祈るsvasti pāṭha(スヴァスティ・パータ)などを練習します。
音の仕方を習得すれば、あとは練習していくことで慣れていきます。祈りのある生活は心の落ち着きを与えてくれることでしょう。

 

サンスクリット語に触れてみたい、最初からしっかり発音から学びたい、などなどきっかけは何であれ、なかなかサンスクリット語を丁寧に学べる機会はないですので、この機会にチャンティングを生活に取り入れていきましょう。


テキスト「わかりやすいサンスクリット語の正しい発音と表記」(Medha Michika著)を2日間で学びますので、都合で参加はしたいけど一日しか参加できない方は1日目のご参加をお勧めします。

 

*県外など遠方からで、参加したいけど通うのが大変と思われる方は、宿泊も可能ですので、お問合せください。

 

*マントラとシュローカの違い
シュローカとはスムルティと呼ばれる聖典(バガヴァットギータやタットヴァ・ボーダなど)で教えられているのがシュローカで、唱えるのには特別な資格が要りませんので、ある程度決まった音はありますが、発音と長さがあっていれば、どのような音でチャンティングするかは自由と言われています。
そして、マントラはヴェーダの聖典で教えられているのが「マントラ」で、それを唱えるのには特別な資格が要り、発音の正確さ、抑揚が関わっています。
 間違って発音してしまうと不本意な結果を招くとされているので、特別な訓練を受けた人以外は触らぬ神に祟り無しで、唱えないのが無難とも言われています。

Drsti Ai


インド・タミルナードゥ州にある伝統的にヴェーダンタヴ
ェーダーンタの教えを継承するArsh Vidya Gurukulamにて長期(39ヶ月)コース終了。同コースにて恩師スワミ・ダヤーナンダ・サラッスヴァティーおよびスワミ・サダートマナンダ・サラッスヴァティーのもとでヴェーダーンタ(バガヴァッドギータ、ウパニシャッド、ブランマスートラ)をサンスクリット語(パーニニ式)とチャンティングを学んでいるぶ。 Drsti (दृष्टि)とはGuru's Vision、 Arsha Darshana (आर्ष-दर्शन)とはSage's Visionの意味

開催日: 2018年9月1,2日 (土日

 

時間: 10:00~11:30 クラス①

    11:30~13:00 ランチ(こちらでご用意いたします)

    13:00~14:30 クラス②

    14:50~15:50 クラス③

   遠方からで、参加されたいという方は、宿泊も可能ですので、ご相談ください。

 

場所:   ヤンララスタジオ@Kanazawa 

     石川県金沢市玉鉾2-397  

    *駐車ですが、奥の方から順番にお停めください。


講師: Drsti Ai


持ち物: わかりやすいサンスクリット語の正しい発音と表記」 MedhaMichika著          

わかりやすいサンスクリット語の正しい発音と表記 - 詳しい理論解説と発音矯正指導

      

上記の本と一緒に購入されると良い本(必ずではありませんが、持っていて損はありません)

     祈りの理論&サンスクリット語の祈りのことば Medha Michika著

 

祈りの理論&サンスクリット語の祈りのことば

 

      

参加費:   ダクシナ制+会場費\1500(1日)宿泊される場合\2000

     ダクシナは最後に直接、Ai先生にお渡しください。

     会場費は受付時にスタジオにてお支払いください。

 

【ダクシナ】

 ダクシナとは、ヴェーダ、ヴェーダーンタの知識と教えの伝統に対して、尊敬と感謝の心を育て、それを表現する方法です。伝統の教えの中に、自分が見いだせた価値観を、表現する方法とも言えます。このダクシナという方法により、ヴェーダ、ヴェーダーンタの教えの伝統に対する、先生と生徒のあるべき正しい姿勢は守られてきました。プージャスワミジをはじめ、伝統の教えを受け継ぐ先生方は、このダクシナという伝統的な方法を大切に守っていらっしゃいます。

 

全ての食事は無料提供させていただきます。ビクシャー(無料提供)に対してのスポンサー(寄付)にご協力いただける方、当日でも構いませんので、お知らせをお願い致します。大きい小さいは問いません。

 

注意事項:会場内への(乳製品を除く)動物性の原料を含む飲食物の持ち込みはご遠慮下さい。

 

連絡先090-8876-4454(西川)

@Kanazawa/ 石川県金沢市玉鉾2-397-2F

最寄りの駅:金沢駅

バス:金沢駅西口 [57]金沢駅-新金沢郵便局前[北鉄金沢バス] 玉鉾2丁目下車 徒歩15分

金沢駅出発時刻表はこちら

*バスのご利用は、本数が少ない為不便かもしれません。

 

バスを降りましたら、玉鉾の交差点、玉鉾食堂があります。その信号を左に入り、

2つ目の信号(シメノドラッグが左手にあります)を右に曲がり、3本目の路地を右に入りますと

ブルーの3階建ての建物がございますので、そのままお入り頂き2階が受付となります。

夜はブルーの建物の色が分かりにくいですので、部屋の明かりで判ると思います。

何か分からない場合はご連絡ください。

090-8876-4454(西川まで)

 

タクシー:金沢駅から8分ほど

運転手さんに住所をお伝えください。

お申込み

メモ: * は入力必須項目です

*メールアドレスの記入間違いで返信エラーとなる場合がございます。メールアドレスのご確認をお願いいたします。

こちらからの返信メールが届かない場合は、お手数ですが、再度ご連絡をお願いいたします

新しいクラスや変更のお知らせ

新しいクラス、FRP、ファンクショナルローラーピラティスベーシッククラスを始めます。

そのため、変更となるヨガクラスもありますのでスケジュールにてご確認をお願い致します。

@Kanazawa

毎週木曜 9:30~10:40 

毎週火曜 19:00~20:10

毎週日曜9:30~10:40

@Komatsu

毎週金曜17:30~18:40

毎週水曜 9:30~10:40

日曜は検討中です。

しばらくお待ちください。

 ***********************

クラス変更のお知らせ

@Komatsuスタジオ

金曜17:00⇒17:30スタート

***********************

@Kanazawa、@Komatsu

スタジオの時間お休みなどは

スケジュールにて

ご確認ください。

スケジュールはこちら 

***********************

初めてのヴェーダーンタ勉強会

次回の「いーしゅわらーやなまは」

勉強会&チャンティング第6回

@Kanazawa

11月17日(土) 13:30~15:30

@Komatsu

11月18日(日)13:30~15:30

 

最後の30分は、ハピネスを祈るスヴァスティ・パータや食事の前のチャンティング、一定期間唱えることで、願いがかなうと言われているサンカタナーシャナ ガネーシャ ストートラムにも挑戦していきたいなと考えています。チャンティングに慣れていき、チャンティングは祈りの行いでもあるので、意味も知ることで、さらに理解しようとなるのではないでしょうか。

誰もが幸せであるということ、そのゴールを教えているのがヴェーダーンタです。

ヤンララ@Kanazawa studio

ヤンララ@Komatsu studio

  yang lalah(ヤンララ)とは

虹という意味です

Medha Michika 先生のブログ

Muktih 先生のホームページ